そらいろモザイク(TOP) > そらいろノート > 「ぬらりひょんの孫」の原作を一気に読破してきたので、ちょっくらざっとした感想。
2014年10月17日

「ぬらりひょんの孫」の原作を一気に読破してきたので、ちょっくらざっとした感想。

そういやアニメで見てた「ぬらりひょんの孫」ですが。

これも原作はどのような終わり方になっているのか気になったので一通り読破してきましたわ。

それこそTVアニメで最後まで完結してくれたらよかったんですけどね。

アニメで千年魔京以降のエピソードも見たかったと思いますわ。…何でやんなかったんだろ…?

あの片手☆SIZEも好きだったのにな。…この放送当時の頃であれば……あぁぁぁやあぁぁぁ……ッッ!?(心の叫びw


(「ぬらりひょんの孫」の原作を一気に読破してきたので、ちょっくらざっとした感想。)


しかし、この作品はこれはこれで結構面白かったと思いますよ。

個人的には好きな類でありますな。作風とか作画についても独特の味を醸し出しておりますから。

ただ、終盤の展開がちょっとアレなのかもしれませんわ。

まあ、そういうのは読んでみたら感覚的に分かると思いますけどね…?

んでも、コミックも最終巻まで読めばヒロインの方も決着がついておりますからな。

あの様子なら公式な妻は決まっておりましょう。

作品の展開的にも自然とそうなるよなあという納得感もありました。

だから誰が正式なヒロインかどうかという決着がついてるのは評価できる点だと思いますよ。

つーか、だからこそTVアニメの堀江由衣さんボイスで完結までやってもらいたかったですな。

ねえ、体育倉庫とかおいしいシチュエーションじゃないですか?

ねえ、どっかのToLOVEる路線みたいのを勝手に期待してもいいんですか?ww

しかし、この作品は総じて女の子が可愛いのは魅力的でありました。

ゆらとかも好きな方でありましたし。それに地下鉄の中で見えそうなコトやってた子のもドキドキしましたし。

んで、山吹乙女さんっていうか羽衣狐さんっていうか、あのキャラ造形はたまらないものがありましたし。

あの珱姫もよかったよなあ。…うむ、やっぱ細かく書き込んであるのも好感度高いですしね。

とまあ、可愛くて色気のある作風だったと思いますが、そういやラスボスのキャラが弱かったような気もしましょうな。

つーか、安倍晴明っていうか一言でいうと…最近的にあべのハルカスっぽいイメージ?(マテ(笑)


<〜関連商品〜>
  
ぬらりひょんの孫 25 (ジャンプコミックス)
ぬらりひょんの孫 〜百鬼夜行の宴〜 [DVD]
TVアニメ ぬらりひょんの孫 EDテーマ&カップリング集


ではであ、非常にざっとした感じですが、「ぬらりひょんの孫」の原作とかアニメとか混じった感想でありましたわ。

そしてぬらりひょんの孫のアニメと言えば「片手☆SIZE」でもありましたが。

最近アニマックスの放送で毎日のように聴いてますが、あの片手☆SIZEはなかなか可愛いと思いますね。

何気に曲のメロディーラインとかも好きだったりするのですが、あの片手☆SIZEはいいツボだ。

とまあ、ぬらりひょんの孫は原作の方もアニメの方も結構気に入ってしまったのかもしれませんわ。

それこそゲゲゲとかでもお馴染みの悪役イメージな妖怪である、

「ぬらりひょん」

という妖怪のイメージをこの作品は正反対に変えたのは確かでしょうしね。

逆転の発想とでも申しましょうか、辿ったり進む道や各々の生き様しだいによっては、

つまり妖怪だろうと人であろうと新たに化けるのでありますなあ〜。

あ、ちなみに全て妖怪の仕業とか言ってるらしい最近流行りの妖怪物アニメは知りません。

ちなみに実写ドラマでやってる地獄先生とかも知らない方向であります。

…つーか、あの実写版の地獄先生って自爆霊に何かようかい?…。(笑)

『スポンサードリンク』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: