そらいろモザイク(TOP) > そらいろノート > アイリバー・「ITQ701 WOW タブレット16GB ITQ701-16GB-BLK」の購入感想とか。
2015年02月03日

アイリバー・「ITQ701 WOW タブレット16GB ITQ701-16GB-BLK」の購入感想とか。

そういや最近アンドロイドタブレットを一つ購入しました。

なんと1万円くらいのやつです。…めっちゃお手頃価格のであります。(笑)

しかし、これが自分にとっての初アンドロイドタブレットになりますが、

この使用感はぶっちゃけ非常に使いやすいと思いました。

とまあ、そんな感じで今回の購入感想になります。アイリバーの「ITQ701」ってやつであります。


(アイリバー・「ITQ701 WOW タブレット16GB ITQ701-16GB-BLK」の購入感想とか。)


『1・映像とか音楽とか』

さて、まずは初回起動してネット接続とかも終了させて…という流れであります。

しかし、そこらの有名な動画サイトとかも見てみましたが、この機種でも普通にスムーズに綺麗に映ります。

例えばGYAOの視聴とか捗ります。アニメとかもいっぱいやってて寝ながらでも見られます。

ちなみに現時点の視聴アニメでいうと「夜ノヤッターマン」とかは今回の機種で見ておりますね。

もちろん横にするだけで画面いっぱいにも映し出されますので、そういうのも便利な部分でありましょう。

でも、アンドロイドで音楽を聴くのについてはアレですわ。

音楽プレーヤーとしてのアプリを選ぶのに悩みます。ぶっちゃけプレーヤーアプリが多すぎてよくわからない。

ええ、ほんとよくわからないので検索してばっかになるのでありますわ。

とまあ、自分は手持ちの音楽については、前から持ってるアイテムで普通にWMA形式のを再生しております。

つーか、別にアンドロイドで音楽を聴かなければならないということはありませんからね。


『2・使用感とか外観とか』

んで、この機種の使用感はすごく扱いやすいです。

アンドロイドは設定も簡単ですし、特に難解な作業とかないようですし。

で、グーグルアカウントでしたっけ?何かメールとかググタスとかやらで登録は必要ですからね。

もちろんそれも終えてますが、そういう設定も検索すれば一通り出てきますからラクでしたっけ。

で、別にパソコンのようにマウスとかいりませんし、キーボードも画面内に自動で出てきますし、

文字入力とかも慣れると軽快に打ち込めるのでありました。

そういう訳でパソコンを触る時間は確実に減ったように思います。

そして今はツイッターとかもタブレットを使ってやっている訳であります。

メールチェックとかもタブレットの方がラクでありますわ。

ちなみに今回の機種の外観とかは無難ではありますが、良くも悪くもこんなもんじゃね?…って感じでありますよ。



river 7型Androidタブレット ITQ701 WOW タブレット 16GB ブラック ITQ701-16GB-BLK


『3・今回のまとめ』

とまあ、今回の機種の感想のまとめであります。

にしても、このアンドロイドもバージョンによっては淘汰されるとか何とか言われてますが。

しかし時の流れ的に古いのが淘汰されるのはそんなにおかしいという話でもないですからね。

ただ、あまりに早すぎたり露骨にやられるのはちょっと…というのも当然でありましょうか。

つーか、ユーザーとしては商品を長く使いたい、

という思いも当然持っているとは思いますから、まあ上手いこと折り合いをつけて頂ければと思いますよ。

んで、それとかなんとかありますが、普通に最初にお試し気分で安くアンドロイドタブレットを買ってみるなら、

今回の機種は割とおすすめできそうな感じなのではあります。

ていうか、価格も1万円くらいですし。…ねえ、それくらいなら遊び気分で買っちまいますし。(笑)

つーわけでして、自分的には買ってみて損はしてないと思いましたし、

初めてのアンドロイドタブレットというのがどういうものかというのも分かって良かったと思いました。

けど、アンドロイドはどんどんバージョンアップとかもされていくようなのに、

今回の機種はバージョンアップができないんだということも頭には入れておいた方が宜しいと思います。

とにかくちょっと旧式でもいいから安くてお試し気分でもいいやって方にはいいんじゃないでしょうか。

ちなみにラブライブのスクールアイドルフェスティバルは普通に遊べました。

自分もたまにしゃんしゃんやってます。とにかくスクフェスは実際に今回の機種でも遊べてますわ。

つーか、大抵のゲームアプリは遊べるスペックを持っているようではあるらしいのです。

もちろん全部試してる訳ではないですが、そういうのを特に難しく考えることもないようでありますよ。

『スポンサードリンク』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: