そらいろモザイク(TOP) > そらいろメモ > 『聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 最終話 「届け我らの想い!永遠の黄金伝説」』を見ていた感想。
2015年09月27日

『聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold- 最終話 「届け我らの想い!永遠の黄金伝説」』を見ていた感想。

黄金魂も最終話を迎えました。ロキさん12人の黄金聖闘士にボコボコにされます。

しかし、ああしてポセイドンの力によってエリシオンに送られた黄金聖衣は…ねえ?

その後を考えると何とも言いようのない感じですが、やはり黄金神聖衣を売るためにも伝説は必要だったようでして。

とにかくピカピカのゴールド聖衣はデザインはともかくカッコイイ。

にしても、この黄金魂も細かいことを考えていくと大変でしたな。

まあ、新作エピソードがないと商売にならないのでありましょうけど、

何か無理矢理引っ張り出してきたような感じは終始しておりましたっけ。

しかし聖闘士星矢のアニメはロストキャンバスの方を完結させてもらいたいものであります。

あちらのアニメは途中で放置されてるのが悔やまれますなあ。

『スポンサードリンク』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: